公認会計士になるまでにいくらかかる?というのはご存知なのでしょうか

公認会計士をこれから目指そうと思っている人はいくらかかるのか不安もあるでしょう。どれくらいかかるのか見ていきましょう。

■費用は学校によりけり
費用は学校によって違いがあります。公認会計士の資格試験に合格をすることはかなり難易度が高いことで難しいことです。公認会計士試験の合格率は10パーセントをきることもあります。公認会計士を目指している人は独学せずに会計を学ぶ為に学校に入って受験対策をすることが多いでしょう。

学校は専門学校、通学・通信、大学など様々ですがそれぞれに費用が違っています。

■具体的な費用について
具体的な費用についてですが、専門学校の通学で学ぶ場合には入学金、授業料やテキスト代を含めると100万円から200万円は必要とされています。どこの会社が運営している学校を選ぶのかによっても相場は違ってきます。通学と通信はそれほど費用は変わらないとのことです。

大学の場合は、一般的に4年生大学の場合が私立で430万円、国立で230万となっています。会計大学院では二年間で私立が300万円、国立が150万円前後です。

■受験手数料について
学ぶためのお金以外に、受験手数料が必要です。公認会計士になるために試験を受けなければいけませんが、筆記試験受験料として19500円必要です。更に2年後実務経験を積んで修了考査を受ける際には28000円必要です。これらの諸費用が別途かかることを理解しておくといいでしょう。

意外と資格を取得するまでに必要なお金はかかると思っておいたほうがいいでしょう。どこの学校を選ぶのかによって違いはありますが、お金は変わってきます。独学でももちろん受験可能ではありますが、難易度の高い試験ですので、やはり学校へ行って勉強をしたほうがいいようです。

1 件のコメント

コメントを残す