まずは公認会計士を目指すための学校に入学することを目指しては如何でしょうか?

公認会計士を目指すための学校についてここでは見ていきましょう。専門学校、大学などいろいろな場所で学習をすることができます。

■専門学校のメリットとデメリット
公認会計士の資格を取得したいと思った人はどこの学校を選べばいいのでしょうか。民間の専門学校を利用して受験している人も多いでしょう。公認会計士の受験対策講座を実施している民間の専門学校はたくさんあります。講習を受ける期間は平均すると1年から2年で、最長で4年というところもあります。

徹底して合格まで学ぶことができます。専門学校は公認会計士の受験対策に特化しているカリキュラムで授業が進められているので効率よく学習できます。しかし会計の知識以外のことは身につけられないので、もし方向転換した場合にはかなりリスクが大きいことになります。

■大学のメリットとデメリット
会計の知識を学べる場所として大学があります。大学には経済学部、商学部などがありますが、これらの場所では公認会計士を目指すことは可能です。ここ数年で人気を集めているのが会計色専門大学院と言われる大学院です。決められた単位を取得すれば公認会計士の試験の一部が免除されるのでメリットとしては大きいでしょう。

昼間大学、大学院で勉強をして更に夜に、夜間部の専門学校で学習を重ねる人もいるなど、ダブルスクールで試験に臨む人もいるほどですのでかなり難易度が高いことがわかります。ダブルスクールは必ずしなければ行けないわけではありませんが、それほど試験のレベルが高いことがわかります。

公認会計士になるための学校は色々と種類があります。それぞれに特徴がありますので、どれを選ぶかは自分のライフスタイルなどで考えましょう。